中に何も入っていないパン

私は好き嫌いなくほとんどの食べ物を食べることができます。しかし、許せないものが一つあります。それが「中に何も入っていないパン」です。

 

 中にクリームであったり、ベーコンであったり、バターであったりするものが入っているのは大好きなのですが、何も入っていないもは理解不能です。食べても食べても味が淡白で、刺激に欠けるのです。

 

 販売されているパンの中には表記がはっきりとしていないものがあり、気づかずに何も入っていないパンを買ってしまうことがよくあります。

 

 そして最近もそのようなパンを買ってしまったのですが、そのパンを紅茶と一緒に飲んでみるととてつもなく美味しかったのです。よく紅茶とパンが合うとは耳にしますが、私は飲み物に関しては好き嫌いが激しく、紅茶も嫌いだったので合わせて飲んだことがなかったのです。

 

 友人から貰って仕方なく飲んだ紅茶と、仕方なく食べることになった「何も入っていないパン」の組み合わせが、そのときから私の好物の一つになりました。